故障かな?と思ったら

「カメラが故障したのかな?」と思ったら、下記の例を参考にしてカメラをチェックしてください。なお、チェックしても状態が改善しないときは、修理受付窓口にご相談ください。

電源関連

充電器でバッテリーが充電できない

  • バッテリー残量()が94%以上のときは、充電は行われません。
  • 純正のバッテリーパック LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6を使用してください。
  • 充電、または充電器に関する不具合は、バッテリーを充電するを参照してください。

充電器のランプが高速点滅する

  • (1) 充電器またはバッテリーに異常が発生した場合や、(2) バッテリーと通信できない場合(純正以外のバッテリー使用時)は、保護回路が働き充電が中止され、オレンジ色のランプが等間隔で高速点滅します。(1) の場合は、充電器のプラグをコンセントから抜き、バッテリーの取り外し/取り付けを行ってから、2~3分後にもう一度コンセントに差し込んでください。改善しない場合は、修理受付窓口にご相談ください。

充電器のランプが点滅しない

  • 充電器に取り付けたバッテリーの内部温度が高い場合は、安全のため充電を行いません(消灯)。また、充電中何らかの原因により、バッテリーが高温になった場合は、自動的に充電を停止します(点滅継続)。なお、バッテリーの温度が下がると自動的に充電が始まります。

USB電源アダプター(別売)で充電できない

  • カメラの電源スイッチが電源オンのときは充電は行われません。ただし、オートパワーオフ中は充電が行われます。
  • バッテリーパック LP-E6は充電できません。
  • バッテリー残量が約94%以上のときは、充電は行われません。
  • 充電中にカメラを操作すると、充電は中断されます。

USB電源アダプターでの充電中にアクセスランプが点滅する

  • 充電中に異常が発生した場合は、保護回路が働き充電が中止され、アクセスランプが緑色に点滅します。電源プラグをコンセントから抜き、バッテリーの取り外し/取り付けを行ってから、2~3分後にもう一度コンセントに差し込んでください。改善しない場合は、修理受付窓口にご相談ください。

USB電源アダプターでの充電でアクセスランプが点灯しない

  • USB電源アダプターのプラグを一度抜いてから差し直してください。

USB電源アダプターで給電できない

  • バッテリー収納部を確認してください。バッテリーパックがない状態では、給電は行われません。
  • バッテリー残量を確認してください。バッテリー残量がないときは、充電が行われます。給電は行われません。

電源スイッチを電源オンにしてもカメラが作動しない

  • バッテリーがカメラにきちんと入っているか確認してください()。
  • カードスロットカバーが閉じているか確認してください()。
  • バッテリーを充電してください()。

電源スイッチを電源オフにしてもアクセスランプが点灯/点滅する

  • カードへの画像記録中に電源を切ると、アクセスランプが数秒間点灯/点滅します。画像記録が終了すると、自動的に電源が切れます。

ご使用のバッテリーにCanonのロゴはありますか?]と表示される

  • 純正のバッテリーパック LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6を使用してください。
  • バッテリーの出し入れを行ってください()。
  • バッテリーの接点が汚れているときは、やわらかい布などでふいてください。

バッテリーの消耗が早い

  • フル充電したバッテリーを使用してください()。
  • バッテリーの性能が劣化している可能性があります。[機能設定バッテリー情報]でバッテリーの劣化状態を確認してください()。劣化している場合は、新しいバッテリーをお買い求めください。
  • 以下の操作を行うと、撮影可能枚数が少なくなります。

    • シャッターボタン半押しの状態を長く続ける
    • AFのみを行って撮影しない操作を頻繁に行う
    • 手ブレ補正機能を使う
    • 無線通信機能を使用する

電源が勝手に切れる

  • オートパワーオフ機能が働いています。自動的に電源が切れないようにしたいときは、[機能設定節電]の[オートパワーオフ]を[しない]にしてください()。
  • オートパワーオフ]を[しない]に設定していても、[ディスプレイオフ]や[ファインダーオフ]で設定した時間放置すると、モニターやファインダーの表示が消えます(カメラの電源は切れません)。
  • 機能設定エコモード]を[]に設定してください。

撮影関連

レンズが装着できない

  • EFレンズ、EF-Sレンズを装着するにはマウントアダプターが必要です。なお、EF-Mレンズは使用できません()。

撮影・記録ができない

  • カードが正しくセットされているか確認してください()。
  • カードの書き込み禁止スイッチを、書き込み・消去可能な位置にしてください()。
  • カードの空き容量がない場合は、空き容量のあるカードに交換するか、不要な画像を消去してください()。
  • ピントを合わせたときに、AFフレームがオレンジ色のときは撮影できません。もう一度シャッターボタンを半押ししてピントを合わせなおすか、手動でピントを合わせてください()。

カードが使えない

カードを他のカメラに入れるとエラーになる

  • SDXCカードはexFAT形式でフォーマットされるため、このカメラで初期化したカードを他のカメラに入れると、エラーが表示され使用できないことがあります。

画像がボケている/ブレている

  • レンズのフォーカスモードスイッチをAFにしてください()。
  • 手ブレを起こさないように、シャッターボタンを静かに押してください()。
  • 手ブレ補正機能を搭載したレンズのときは、手ブレ補正スイッチを電源オンにしてください。
  • 暗い場所では、シャッタースピードが遅くなることがあります。シャッタースピードを速くする()、ISO感度を上げる()、ストロボを使用する()、三脚を使用するなどの方法で撮影してください。
  • ブレの少ない画像を撮影するにはを参照してください。

ピントを固定したまま構図を変えて撮影できない

  • AF動作をワンショットAFにしてください()。サーボAFのときは、フォーカスロック撮影はできません()。

連続撮影速度が遅い

連続撮影可能枚数が少なくなる

カードを変えても連続撮影可能枚数の表示が変わらない

  • 別のカードに変えても(例:高速タイプのカードを使用しても)、ファインダー内に表示される連続撮影可能枚数は変わりません。また、静止画・ファイルサイズ/撮影可能枚数/連続撮影可能枚数の表に記載している連続撮影可能枚数は、その試験条件のカードで実際に連続撮影できる枚数を示しています(書き込み速度が高速なカードなほど、実際に連続撮影できる枚数が多くなります)。そのため、表示される連続撮影可能枚数と、実際に連続撮影できる枚数は異なることがあります。

高速連続撮影時に高速表示が行われない

  • 高速表示を参照して、高速表示が行われる条件を確認してください。

クロップ撮影時に一部の記録画質が選択できない

  • 1.6倍(クロップ)]設定時、およびEF-Sレンズ使用時は、記録画質ファインミドル/ノーマルミドル/ファインスモール1/ノーマルスモール1は選択できません。

アスペクト比が設定できない

  • EF-Sレンズ使用時は、アスペクト比の設定はできません([1.6倍(クロップ)]に自動設定されます)。
  • カスタム機能トリミング情報の付加]が[しない]以外に設定されているときは、アスペクト比の設定はできません。

静止画撮影時にISO100に設定できない

  • 撮影高輝度側・階調優先]が[する][]に設定されているときは、ISO感度の設定範囲がISO200~になります。

静止画撮影時に拡張ISO感度が選択できない

  • 撮影撮影ISO感度に関する設定]で[ISO感度の範囲]の設定を確認してください。
  • 撮影高輝度側・階調優先]が[する][]に設定されているときは、拡張ISO感度は設定できません。
  • 撮影HDR PQ設定]の[HDR撮影HDR PQ]が[する]に設定されているときは、拡張ISO感度は設定できません。

露出を暗めに補正したのに明るく撮影される

  • 撮影オートライティングオプティマイザ]を[しない]に設定してください()。[弱め][標準][強め]に設定されているときは、露出補正、ストロボ調光補正で露出を暗めに補正しても、明るく撮影されることがあります。

マニュアル露出+ISOオート時に露出補正ができない

レンズ光学補正設定時に一部の項目が表示されない

  • デジタルレンズオプティマイザ]が[標準]または[強め]に設定されているときは、[色収差補正][回折補正]は表示されませんが、ともに[する]の設定で撮影されます。
  • 動画撮影時に[デジタルレンズオプティマイザ]の項目は表示されません。

多重露出撮影時に撮影画像が表示されない

  • 連続撮影優先]設定時は、撮影途中に「撮影直後の画像確認」「画像再生」はできません()。

絞り優先AE][プログラムAE]モードでストロボ撮影するとシャッタースピードが遅くなる

  • 撮影外部ストロボ制御]の[スローシンクロ]を、[1/250-1/60秒自動](または[1/200-1/60秒自動])または[1/250秒固定](または[1/200秒固定])に設定してください()。

ストロボが発光しない

  • カメラにストロボがしっかり取り付けられているかどうか確認してください。

ストロボがいつもフル発光する

  • EL/EXスピードライト以外のストロボを使用して、自動調光モードで撮影すると、常時フル発光します()。
  • ストロボカスタム機能の[調光方式]が[TTL](自動調光)に設定されていると、常時フル発光します()。

ストロボ調光補正ができない

  • ストロボ側で調光補正量が設定されているときは、カメラで補正量の設定はできません。ストロボ側の設定を解除(ゼロに設定)すると、カメラで設定できるようになります。

絞り優先AE][フレキシブルAE]モードでハイスピードシンクロができない

  • 撮影外部ストロボ制御]の[スローシンクロ]を、[1/250秒固定](または[1/200秒固定])以外に設定してください()。

リモコン撮影ができない

  • 静止画撮影を行うときは、ドライブモードを[セルフタイマー10秒]または[セルフタイマー2秒]に設定してください()。動画撮影を行うときは、[撮影リモコン撮影]を[する]に設定してください()。
  • リモコンの撮影タイミング切り換えスイッチの位置を確認してください。
  • ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1を使用するときは、リモコン撮影またはワイヤレスリモコンと接続を参照してください。
  • カメラとスマートフォンまたはワイヤレスリモートコントローラーがBluetooth接続されているときは、RC-6などの赤外線方式のリモートコントローラーを使ったリモコン撮影はできません。[Bluetooth設定]を[使わない]に設定してください。
  • リモコンを使用してタイムラプス動画撮影を行うときは、タイムラプス動画を参照してください。

撮影時に白い[温度警告白]と赤い[温度警告赤]が表示される

  • カメラ内部の温度が上昇していることを示しています。白い[温度警告白]が表示されたときは、静止画の画質が低下することがあります。赤い[温度警告赤]が表示されたときは、もうすぐ撮影が自動的に終了することを示しています()。

動画撮影時に赤い[温度警告赤]が表示される

  • カメラ内部の温度が上昇していることを示しています。赤い[温度警告赤]が表示されたときは、もうすぐ動画撮影が自動的に終了することを示しています()。

動画撮影時に[熱制限]が表示される

  • カメラ内部の温度が上昇していることを示しています。[熱制限]が表示された状態では、動画撮影を行うことはできません。また、動画撮影中に[熱制限]が表示されたときは、約3分後に撮影が終了します()。

動画撮影が勝手に終了する

  • 書き込み速度が遅いカードを使用すると、動画撮影が自動的に終了することがあります。動画が記録できるカードについては、要求カード性能を参照してください。なお、書き込み速度については、カードメーカーのホームページなどで確認してください。
  • カードへの書き込み/読み取り速度が遅くなったときは、物理フォーマットでカードを初期化してください()。
  • 動画撮影を開始してから29分59秒(ハイフレームレート動画撮影時は7分29秒)経過すると、動画撮影が自動的に終了します。

動画撮影時にISO感度が設定できない

  • 撮影モードが[動画]のときはISO感度が自動設定されます。[動画マニュアル露出]モードのときはISO感度を任意に設定することができます()。
  • 撮影高輝度側・階調優先]が[する][]に設定されているときは、ISO感度の設定範囲がISO200~になります。

動画撮影時に拡張ISO感度が選択できない

  • 撮影動画ISO感度に関する設定]で[ISO感度の範囲]の設定を確認してください。
  • 撮影高輝度側・階調優先]が[する][]に設定されているときは、拡張ISO感度は設定できません。

動画撮影時に露出が変化する

  • 動画撮影中にシャッタースピードや絞り数値の変更を行うと、露出変化が記録されることがあります。
  • 動画撮影中にズーム操作を行うときは、テスト撮影をおすすめします。動画撮影中にズーム操作を行うと、露出変化やレンズの作動音が記録されたり、ピントがズレることがあります。

動画撮影時に画面がちらつく/横縞が写る

  • 蛍光灯やLED照明などの光源下で動画撮影を行うと、画面のちらつきや、横縞(ノイズ)や露出ムラが記録されることがあります。また、露出(明るさ)や色あいの変化が記録されることがあります。[動画マニュアル露出]モードのときは、シャッタースピードを遅くすると、現象が緩和されることがあります。なお、タイムラプス動画を撮影したときは、現象がより強く発生することがあります。

動画撮影時に被写体がゆがむ

  • 動画撮影中にカメラを左右に動かしたり(パンニング)、動きのある被写体を撮影すると、像がゆがんで写ることがあります。なお、タイムラプス動画を撮影したときは、現象がより強く発生することがあります。

動画に音声が記録されない

  • ハイフレームレート動画撮影時は、音声は記録されません。

タイムコードが付加されない

  • ハイフレームレート動画撮影時に、[撮影タイムコード]の[カウントアップ]が[フリーラン]に設定されているときは()、タイムコードは付加されません。また、HDMI出力を行ったときも、HDMI出力映像にタイムコードは付加されません()。

タイムコードのカウントが早い

  • ハイフレームレート動画撮影時は、実時間1秒で4秒分カウントアップします()。

動画撮影時に静止画が撮影できない

  • 動画撮影時に静止画は撮影できません。静止画を撮影するときは、動画撮影を終了して、静止画の撮影モードを選んでから撮影してください。

静止画撮影時に動画撮影ができない

  • ライブビュー状態を長時間続けるなどして、カメラ内部の温度が上昇しているときは、静止画撮影時からの動画撮影ができないことがあります。カメラの電源を切るなどして、カメラ内部の温度が下がるのを待ってください。
  • 撮影モードが[シーンインテリジェントオート]のときは、[シーンインテリジェントオート]の動画記録画質を下げると、動画撮影が可能になることがあります。
  • 撮影モードが[シーンインテリジェントオート]以外のときは、[プログラムAE3(動画)]の動画記録画質を下げると、動画撮影が可能になることがあります。

動画撮影ができない

  • 使用するカードは、このカメラで初期化(フォーマット)してください()。
  • 動画撮影時の記録方法を[RAW]、[MP4]に設定したときは、カード[カード2]にはSDXCカードを使用してください。

カメラが振動する

  • 手ブレ補正機能の作動が、振動として感じられることがあります。故障ではありません。

無線通信機能関連

スマートフォンとペアリングできない

  • Bluetooth Specification Version 4.1以上に対応しているスマートフォンを使用してください。
  • スマートフォンの設定画面で、Bluetooth機能をONにしてください。
  • スマートフォンのBluetooth機能設定画面では、カメラとのペアリングはできません。スマートフォンに専用アプリケーションのCamera Connect(無料)をインストールしてください()。
  • 一度ペアリングしたスマートフォンと再びペアリングするときに、スマートフォン側に前回ペアリングしたときのカメラの登録が残っていると、ペアリングすることができません。そのときは、スマートフォンのBluetooth設定で残っているカメラの登録を解除してから、ペアリングをやり直してください()。

Wi-Fi機能の設定ができない

  • カメラとパソコンなどを、インターフェースケーブルで接続しているときは、Wi-Fi機能の設定はできません。インターフェースケーブルを取り外してから、設定を行ってください()。

インターフェースケーブルで接続した機器が使えない

  • Wi-Fi接続中は、カメラとパソコンなどを、インターフェースケーブルで接続して使用することはできません。Wi-Fi接続を終了してからインターフェースケーブルで接続してください。

撮影や再生などの操作ができない

  • Wi-Fi接続中は、撮影や再生などの操作ができないことがあります。Wi-Fi接続を終了してから操作を行ってください。

スマートフォンに再接続できない

  • 同じカメラとスマートフォンの組み合わせでも、設定を変更したり、異なる設定を選んでいるときは、同じSSIDを選んでも再接続できなくなることがあります。そのときは、スマートフォンのWi-Fi設定で、カメラとの接続設定を削除してから、接続設定をやり直してください。
  • 接続設定をやり直すときに、Camera Connectを起動したままにしていると、接続できないことがあります。そのときは、Camera Connectを一旦終了させてから再起動してください。

操作関連

静止画撮影から動画撮影、または動画撮影から静止画撮影に変更すると、設定した内容が変更される

  • 設定内容は、静止画撮影時、動画撮影時のそれぞれに記憶されます。

メイン電子ダイヤル サブ電子ダイヤル1 サブ電子ダイヤル2 マルチコントローラー タップ/タッチ コントロールリングで設定を変更できない

  • マルチ電子ロックボタンを押して、電子ロックを解除してください()。
  • 機能設定マルチ電子ロック]の設定内容を確認してください()。

タッチ操作ができない

  • 機能設定タッチ操作]が[標準]または[敏感]に設定されているか確認してください()。

ボタンやスイッチなどが思ったとおりに動かない

  • 動画撮影時は[撮影動画撮影時シャッターボタンの機能]の設定を確認してください()。
  • カスタム機能ボタン カスタマイズ]または[カスタム機能ダイヤル カスタマイズ]の設定内容を確認してください()。

表示関連

メニュー画面に表示されるタブや項目が少ない

  • 撮影モードが[シーンインテリジェントオート]のときは、一部のタブや項目は表示されません。また、メニュー画面に表示されるタブや項目は、静止画撮影時、動画撮影時で異なります。

マイメニュー]マイメニュータブから表示される/[マイメニュー]タブしか表示されない

  • マイメニュー]タブの[メニュー表示]が[マイメニュータブから表示]または[マイメニュータブのみ表示]に設定されています。[通常表示]に設定してください()。

ファイル名の先頭文字がアンダーバー(「_」)になる

  • 撮影色空間]を[sRGB]に設定してください。[Adobe RGB]に設定されているときは、先頭文字がアンダーバーになります()。

ファイル名の4文字目が変化する

  • 機能設定ファイル名の設定]が[***+画像サイズ]に設定されています。カメラ固有のファイル名、またはユーザー設定1に登録したファイル名を選択してください()。

画像番号が0001から始まらない

  • 画像が記録されているカードを使用すると、撮影した画像の番号が0001から始まらないことがあります()。

撮影年月日/時刻が正しく表示されない

  • 日付/時刻が正しく設定されているか確認してください()。
  • エリア、サマータイムの設定を確認してください()。

画像に日付/時刻が写し込まれない

  • 撮影した画像に日付/時刻は写し込まれません。画像データに撮影情報として記録されます。写真を印刷するときに、その情報を利用して用紙に日付/時刻を入れることができます()。

♯♯♯]が表示される

  • カードに記録されている画像数が、カメラで表示できる桁数を超えると[♯♯♯]と表示されます。

モニターの表示が不鮮明になる

  • モニターが汚れているときは、やわらかい布などでふいてください。
  • 液晶の特性で低温下での表示反応がやや遅くなったり、高温下で表示が黒くなったりすることがありますが、常温に戻れば正常に表示されます。

再生関連

画像の一部が黒く点滅する

  • 再生ハイライト警告表示]が[する]に設定されています()。

画像に赤い枠が表示される

  • 再生AFフレーム表示]が[する]に設定されています()。

画像再生時にAFフレームが表示されない

  • 以下の画像を再生したときは、AFフレームは表示されません。

    • マルチショットノイズ低減機能を使って撮影した画像
    • トリミングを行った画像
    • HDR撮影で[画像位置自動調整する]に設定して撮影した画像

画像が消去できない

  • プロテクトされている画像は消去できません()。

画像(静止画/動画)が再生できない

  • 他のカメラで撮影した画像は再生できないことがあります。
  • パソコンで編集した動画はカメラで再生できません。

再生できる画像が少ない

  • 再生画像検索の条件設定]で再生する画像の絞り込みが行われています()。検索条件を解除してください。

動画を再生すると作動音や操作音がする

  • 動画撮影中にAF動作を行ったり、カメラ/レンズの操作を行うと、カメラに内蔵されたマイクにより、レンズの作動音やカメラ/レンズの操作音が一緒に録音されることがあります。そのときは、外部マイクを使用すると、これらの音を低減できることがあります。なお、外部マイクを使用してもこれらの音が気になるときは、外部マイクをカメラから取り外し、カメラやレンズから遠ざけると、低減効果を高められることがあります。

動画再生が勝手に終了する

  • 動画再生を長時間行ったり、高温下で動画再生を行うと、カメラ内部の温度が上昇し、動画再生が自動的に終了することがあります。

    そのときは、カメラ内部の温度が下がるまで、再生ができなくなりますので、一旦電源を切り、しばらく休止してください。

動画が一瞬止まって見える

  • 自動露出撮影時に、大きな露出変化が生じると、明るさが安定するまでの一瞬の間、記録を止める仕様になっています。このようなときは、[動画マニュアル露出]モードで撮影してください()。

動画がスローモーションで再生される

  • ハイフレームレート動画は、29.97fps/25.00fpsの動画として記録されるため、再生時は1/4倍速のスローモーションで再生されます。

テレビに映像が表示されない

  • 機能設定ビデオ方式]の[NTSC][PAL]の設定を確認してください(テレビが対応している方式に合わせてください)。
  • HDMIケーブルのプラグが根元までしっかりと差し込まれているか確認してください()。

動画ファイルが複数作成される

  • 1回の撮影でファイルサイズが4GBを超えるときは、動画ファイルが複数作成されます()。ただし、SDXCカードをこのカメラで初期化してから撮影したときは、1回の撮影でファイルサイズが4GBを超えても1つのファイルに記録されます。

カードリーダーでカードを認識できない

  • SDXCカードは、お使いのカードリーダーやパソコンのOSにより、カードリーダーに差しても正しく認識されないことがあります。そのときは、カメラとパソコンをインターフェースケーブルで接続し、EOS用ソフトウェアのEOS Utility()を使って画像を取り込んでください。

画像をリサイズ/トリミングできない

  • JPEGのスモール2、RAW画像、8Kまたは4K動画からフレーム切り出しを行い静止画として保存した画像は、カメラでリサイズできません()。
  • RAW画像、[撮影HDR PQ設定]の[HDR撮影HDR PQ]を[する]で撮影した画像、8Kまたは4K動画からフレーム切り出しを行い静止画として保存した画像は、カメラでトリミングできません()。

画像に輝点が発生する

  • 撮像素子が宇宙線などの影響を受けると、撮影画像に「輝点(白、赤、青など)」が生じることがあります。[機能設定センサークリーニング]の[今すぐクリーニング今すぐクリーニング]を行うと()、輝点の発生が改善することがあります。

センサークリーニング関連

センサークリーニング中にシャッター音がする

  • 今すぐクリーニング今すぐクリーニング]を選んだときは、清掃中にシャッターの作動音がしますが、画像はカードに記録されません()。

撮像素子の自動清掃が行われない

  • 電源スイッチの電源オン 電源オフを短い時間で繰り返すと、[今すぐクリーニング]が表示されないことがあります()。

パソコン接続関連

パソコンに画像が取り込めない

  • EOS用ソフトウェアのEOS Utilityをパソコンにインストールしてください()。
  • EOS Utilityのメイン画面が表示されていることを確認してください。
  • Wi-Fi接続中は、インターフェースケーブルを使用してパソコンと通信を行うことはできません。
  • アプリケーションのバージョンを確認してください。

カメラとパソコンを接続しても通信できない

  • EOS用ソフトウェアのEOS Utilityを使用するときは、[撮影タイムラプス動画]を[しない]に設定してください()。