ドライブモードの選択

ドライブモードには1枚撮影と連続撮影があります。撮影シーンや被写体に応じてドライブモードを選びます。

  1. マルチファンクションボタンを押す(タイマー6秒

    • 画面に映像が表示された状態で、マルチファンクションボタンを押します。
  2. ドライブモードの項目を選ぶ

    • サブ電子ダイヤル1を回して、ドライブモードの項目を選びます。
  3. ドライブモードを選ぶ

    • メイン電子ダイヤルを回して選びます。
  • 1枚撮影]1枚撮影

    シャッターボタンを全押しすると、1枚だけ撮影します。

  • 高速連続撮影プラス]高速連続撮影+

    シャッターボタンを全押しすると、押している間、最高約12コマ/秒の連続撮影を行うことができます。

  • 高速連続撮影]高速連続撮影

    シャッターボタンを全押しすると、押している間、最高約8.0コマ/秒([撮影シャッター方式]を[メカシャッター]に設定したときは最高約6.0コマ/秒)の連続撮影を行うことができます。

  • 低速連続撮影]低速連続撮影

    シャッターボタンを全押しすると、押している間、最高約3.0コマ/秒の連続撮影を行うことができます。

  • セルフタイマー10秒]セルフタイマー:10秒/リモコン撮影

  • セルフタイマー2秒]セルフタイマー:2秒/リモコン撮影

    セルフタイマー撮影についてはセルフタイマー撮影、リモコン撮影についてはリモコン撮影を参照してください。

注意

  • 高速連続撮影プラス]で連続撮影速度が約12コマ/秒となる条件は以下の通りです。

    • 常温(+23°C)
    • バッテリー残量(LP-E6NH):約60%以上(バッテリーグリップ BG-R10(別売)使用時は、バッテリー残量約60%以上のLP-E6NH(2個))
    • シャッタースピード:1/1000秒以上
    • Wi-Fi接続:なし
    • フリッカー低減処理:なし
    • RFレンズシリーズおよび[高速連続撮影プラス]に対応したEFレンズ*の絞り開放時

      高速連続撮影プラス]に対応したEFレンズについては、12コマ/秒の連続撮影が可能なEFレンズを参照してください。

  • 高速連続撮影プラス][高速連続撮影]の連続撮影速度は、バッテリー残量、温度、フリッカー低減処理、シャッタースピード、絞り数値、被写体条件、明るさ、AF動作、レンズの種類、ストロボ使用、撮影機能の設定などの条件により、以下のように変化します。

    (約・コマ/秒)
    アイコンの表示 白(点滅)
    高速連続撮影プラス 12 9.2 6.8
    高速連続撮影 電子先幕]時 8.0 6.0 4.9
    メカシャッター]時 6.0 5.1 3.9
  • 劣化したバッテリーでは、連続撮影速度が低下することがあります()。
  • ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10使用時は、約12コマ/秒で連続撮影を行うことはできません。
  • サーボAF時は、被写体条件や使用レンズにより、連続撮影速度が低下することがあります。
  • 撮影フリッカーレス撮影]を[する]に設定して()、フリッカー光源下で撮影を行うと、連続撮影速度が遅くなります。また、連続撮影間隔にばらつきが生じたり、シャッターが切れるまでのタイムラグが長くなることがあります。
  • 連続撮影中に内部メモリーがいっぱいになると、一時的に撮影ができなくなるため()、連続撮影速度が途中から遅くなることがあります。