パソコンへの画像の取り込み

取り込まれた画像は、パソコンの[ピクチャ](Windows)または[マイ ピクチャ](macOS)フォルダーに、撮影日ごとに分類されてパソコンに保存されます。また、Digital Photo Professional Ver.4.x(以降DPP)がインストールされていれば、画像の取り込みが完了すると自動的に起動して、取り込んだ画像を表示します。

注意

  • 動画はファイルサイズが大きいため、取り込みに時間がかかります。

参考

  • 画像を取り込んだときに連携して起動するソフトウェアを、環境設定([連携ソフト]タブ)で、DPPから別のソフトウェアに変更することができます()。
  • 取り込む画像の保存先や、取り込み対象となる画像を、環境設定([保存先フォルダ]タブ)で変更することができます()。
  • DPP(Ver.4.x)は、キヤノンのホームページからダウンロードできます。

画像を一括で取り込む

  1. 画像をパソコンに取り込み]をクリックする

  2. 設定]をクリックする

  3. 画像を取り込む条件を選び、[OK]をクリックする

  4. 自動取り込み開始]をクリックする

    DPPメイン画面

    • DPPの使用方法は、『Digital Photo Professional Ver.4.x 使用説明書』を参照してください。

画像を選んで取り込む

  1. 選んで取り込み]をクリックする

  2. ビューワー画面で画像を選ぶ

    ビューワー画面

    • 取り込む画像のチェックボックス(1)にチェックマークを付けます。
    • マウス操作により、複数画像を選択することもできます。

    参考

    • ソート]をクリックすると、サムネイルの並び順を変更することができます。
    • 条件を選択]をクリックすると、さまざまな条件で画像を絞り込み、取り込む画像を選ぶことができます。
    • 情報]をクリックすると、サムネイルに表示する情報を選ぶことができます。なお、[日時]を選ぶと、ファイル作成日時が表示されます。
    • 反転]をクリックすると、選ばれている画像と選ばれていない画像が入れ替わります。
    • 選択のみ]をクリックすると、選ばれている画像のみ表示されます。
    • 日付フィルタ]をクリックすると、ファイル作成日時で画像を絞り込むことができます。
    • リスト表示]をクリックすると、画面をリスト表示に切り換えることができます。
      サムネイル表示]をクリックすると、サムネイル表示に戻ります。
    • リスト表示では、各項目の表題をクリックすることで、ソートすることができます。なお、[フォルダー]をクリックすると、サムネイル表示の[ソート]ボタンと同様にソートされます。
  3. 取り込み]をクリックする

  4. 保存先を設定して[OK]をクリックする

    画像の取り込み画面

    1. パソコン上の保存先を表示
    2. 保存先を設定
    • ファイル保存]画面が表示され、パソコンへの画像取り込みがはじまります。
    • パソコンに取り込まれた画像は、[クイックプレビュー]画面に表示されます。

      クイックプレビュー画面

    • 取り込まれた画像を確認することができます。なお、表示サイズを変更することができます。
    • メイン画面に切り換えるときは、ビューワー画面の[メイン画面]をクリックします。

参考

  • ビューワー画面の[カード初期化]をクリックすると、ビューワー画面に画像が表示されているカードの初期化を行うことができます(EOS R5 Cは除く)。
  • 手順2で連続した複数の画像を一括してチェックすることもできます。取り込みたい最初の画像をクリックしたあと、Shiftキーを押したまま最後の画像をクリックすると、[チェックボタン2]が表示されます。
    チェックボタン1]をクリックすると、選んだ画像が一括してチェックされます。
  • ビューワー画面の機能については、「ビューワー画面の機能一覧」を参照してください。
  • HDR環境の場合、カメラがHDR PQ設定で撮影した画像は、[クイックプレビュー]画面でもHDR PQ(10bit)で表示されます(Windows)。HDR環境については、「HDR PQ設定」を参照してください。