基本操作

カメラの構え方

  • モニターを見ながら撮影

    モニターの向きを変えて撮影することができます。詳しくはモニターを使うを参照してください。

    • (1)通常のアングル
    • (2)ローアングル
    • (3)ハイアングル
  • ファインダーを見ながら撮影

    手ブレのない鮮明な画像を撮るため、カメラが動かないようにしっかり構えて撮影します。

    • (1)横位置
    • (2)縦位置

    1. 右手でグリップを包むようにしっかりと握ります。
    2. 左手でレンズを下から支えるように持ちます。
    3. 右手人差し指の腹をシャッターボタンに軽くのせます。
    4. 脇をしっかり締め、両ひじを軽く体の前に付けます。
    5. 片足を軽く踏み出して、体を安定させます。
    6. カメラを額に付けるようにして、ファインダーをのぞきます。

シャッターボタン

シャッターボタンは二段階になっています。シャッターボタンを一段目まで浅く押すことを「半押し」といいます。半押しからさらに二段目まで深く押すことを「全押し」といいます。

半押し

自動ピント合わせと、自動露出機構によるシャッタースピードと絞り数値の設定が行われます。

露出値(シャッタースピードと絞り数値)が、モニター、ファインダー内、または表示パネルに8秒間表示されます(測光タイマー/タイマー8秒)。

全押し

シャッターが切れて撮影されます。

  • 手ブレしにくい撮影のしかた

    手にしたカメラが撮影の瞬間に動くことを「手ブレ」といい、全体がぼやけたような写真になります。鮮明な写真を撮るため、次の点に注意してください。

    • カメラの構え方のように、カメラが動かないようしっかり構える。
    • シャッターボタンを半押ししてピントを合わせたあと、ゆっくりシャッターボタンを全押しする。

参考

  • シャッターボタンを一気に全押ししたり、半押し後すぐに全押しすると、一瞬の間を置いてから撮影されます。
  • メニュー画面表示中、画像再生中でも、シャッターボタンを半押しすると、撮影準備状態に戻ります。

メイン電子ダイヤル

  • (1)ボタンを押したあとメイン電子ダイヤルを回す

    MODE ドライブモード/AF動作選択 ストロボ調光補正/測光モード選択 マルチファンクションボタンなどを押したあと、メイン電子ダイヤルを回します。

    シャッターボタンを半押しすると、撮影準備状態に戻ります。

    • ISO感度、ドライブモード、AF動作、ホワイトバランス、調光補正の設定などに使用します。
  • (2)メイン電子ダイヤルのみを回す

    モニター、ファインダー内、または表示パネルを見ながらメイン電子ダイヤルを回します。

    • シャッタースピードや絞り数値の設定などに使用します。

参考

  • (1)の操作は、マルチ電子ロック機能でロックした状態()でも行うことができます。

サブ電子ダイヤル1

  • (1)ボタンを押したあとサブ電子ダイヤル1を回す

    MODE ドライブモード/AF動作選択 ストロボ調光補正/測光モード選択 マルチファンクションボタンなどを押したあと、サブ電子ダイヤル1を回します。

    シャッターボタンを半押しすると、撮影準備状態に戻ります。

    • ISO感度、ドライブモード、AF動作、ホワイトバランス、調光補正の選択などに使用します。
  • (2)サブ電子ダイヤル1のみを回す

    モニター、ファインダー内、または表示パネルを見ながらサブ電子ダイヤル1を回します。

    • 露出補正やマニュアル露出時の絞り数値の設定などに使用します。

参考

  • (1)の操作は、マルチ電子ロック機能でロックした状態()でも行うことができます。

サブ電子ダイヤル2

  • (1)ボタンを押したあとサブ電子ダイヤル2を回す

    MENUボタンなどを押したあと、サブ電子ダイヤル2を回します。

    シャッターボタンを半押しすると、撮影準備状態に戻ります。

    • メニュー画面のメインタブ(系統)の切り換えなどに使用します。
  • (2)サブ電子ダイヤル2のみを回す

    モニター、ファインダー内、または表示パネルを見ながらサブ電子ダイヤル2を回します。

    • ISO感度の設定などに使用します。

参考

  • (1)の操作は、マルチ電子ロック機能でロックした状態()でも行うことができます。

マルチコントローラー

マルチコントローラーは8方向キーと中央押しボタンの構造になっています。親指の腹を軽くあてて操作します。

  • マルチコントローラーの使用例
    • 静止画撮影/動画撮影時におけるAFフレーム/拡大表示枠の移動
    • ホワイトバランス補正
    • 再生時における拡大表示位置の移動
    • クイック設定
    • メニューの選択・設定

モードボタン

撮影モードを設定することができます。

  • MODEボタンを押したあとメイン電子ダイヤル サブ電子ダイヤル1 サブ電子ダイヤル2 マルチコントローラーを操作して、撮影モードを選択します。

マルチファンクションボタン

マルチファンクションボタンを押したあとサブ電子ダイヤル1を回すと、ISO感度()、ドライブモード()、AF動作()、ホワイトバランス()、ストロボ調光補正()を設定することができます。

AFエリアを選ぶときは、AFフレーム選択ボタンを押したあと(タイマー6秒)、マルチファンクションボタンを押します。

AFスタートボタン/スマートコントローラー

この部材は中央押しと、指でスライド操作(指を触れたまま動かすこと)ができます。

  • AFスタートボタンを押すと、AFを行うことができます。シャッターボタンの半押しと同じ操作です。
  • AFフレーム選択ボタンを押したあと、スマートコントローラーを指でスライドすると、AFフレームを移動することができます。AFフレームの移動量(敏感度)を設定することもできます()。
  • カスタム機能ボタン カスタマイズ]の[スマートコントローラー]で[AFフレームダイレクト選択(測光中)]を割り当てることができます。この機能を割り当てると、測光タイマーが作動中であれば、AFフレームダイレクト選択を行うことができます。

注意

  • スマートコントローラー使用時のご注意

  • 手袋をしたまま操作したときに、反応が悪い場合は手袋を外してお使いください。
  • 濡れた指で操作すると、動作しにくいことがあります。

マルチ電子ロックスイッチ

機能設定マルチ電子ロック]を設定し()、電源/マルチ電子ロックスイッチをマルチ電子ロック位置にすると、メイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤル1、サブ電子ダイヤル2、マルチコントローラー、コントロールリングが不用意に動いたり、タッチパネルに意図せずに触れたりして、設定が変わることを防止することができます。

表示パネル情報切り換え/照明ボタン

  • 表示パネル照明ボタンを押すたびに表示パネルの情報表示内容が切り換わります。
  • 表示パネル照明ボタンを長押しすると、表示パネルが点灯します(タイマー6秒)。

縦位置撮影時の操作

カメラの下部には、縦位置撮影用のボタン、ダイヤル、マルチコントローラーなどが配置されています()。

  1. (1)縦位置マルチファンクションボタン
  2. (2)縦位置メイン電子ダイヤル
  3. (3)縦位置シャッターボタン
  4. (4)縦位置マルチファンクションボタン2
  5. (5)縦位置絞り込みボタン
  1. (6)縦位置マルチコントローラー
  2. (7)縦位置AFスタートボタン/スマートコントローラー
  3. (8)縦位置サブ電子ダイヤル2
  4. (9)縦位置AEロックボタン
  5. (10)縦位置AFフレーム選択ボタン

コントロールリング

初期状態では、[フレキシブルAE][プログラムAE][シャッター優先AE][絞り優先AE][マニュアル露出]モードのときに、シャッターボタンを半押しした状態で、RFレンズ、またはマウントアダプターのコントロールリングを回すと、露出補正を設定することができます。また、操作カスタマイズ機能の[カスタム機能ダイヤル カスタマイズ]で()、コントロールリングに他の機能を割り当てることもできます。

ボタンのバックライト

表示パネルの点灯中、またはメニュー画面の表示中、画像の再生中、クイック設定画面の表示中は、MENU 再生 拡大/縮小 消去 RATE音声メモボタンが点灯します。暗い場所では、ボタンの配置を確認することができます。シャッターボタンを半押しするなどして、測光タイマーが作動すると、各ボタンは消灯します。

インフォボタン

INFOボタンを押すたびに情報表示内容が切り換わります。

下記は、静止画撮影時の画面例です。