トラブルシューティング

エラー表示の対応

カメラのモニターにエラーが表示されたときは、この項目の対応例を参考にしてエラーの原因を取り除いてください。エラー発生時は本機のネットワークランプが点滅し、表示パネルにエラー番号が表示されます。なお、エラー内容は、メニューの[通信機能ネットワーク設定]→[エラー内容表示]でも確認できます。

下記のエラー番号をクリックすると該当の項目にジャンプします。

11 12
21 22 23
41 43 44 45 46 48
61 62 64 65
71 72 73
81
91
121 125 127
130 131 132 134 135

11:接続先が見つかりません

  • Smartphone]の場合、Camera Connectは起動していますか?

    • Camera Connectから接続操作を行ってください()。
  • EOS Utility]の場合、EOS Utilityは起動していますか?

    • EOS Utilityを起動して、再度接続操作を行ってください()。
  • カメラとアクセスポイントで、同じ認証用の暗号キーを設定していますか?

    • 暗号化の認証方式が[オープン]の設定で、暗号キーを間違えると、このエラーになります。

      大文字、小文字の使い分けも確認して、正しい認証用の暗号キーをカメラに設定してください()。

12:接続先が見つかりません

  • 接続先の機器やアクセスポイントの電源は入っていますか?

    • 接続先の機器やアクセスポイントの電源を入れて、しばらくお待ちください。それでも接続できないときは、再度接続操作を行ってください。

21:DHCPサーバーからアドレスが割り当てられていません

カメラの確認内容

  • カメラの設定がIPアドレス[自動設定]になっています。この設定で間違いありませんか?

    • DHCPサーバーを使用していない場合は、カメラをIPアドレス[手動設定]にして設定を行ってください()。

DHCPサーバーの確認内容

  • DHCPサーバーの電源は入っていますか?

    • DHCPサーバーの電源を入れてください。
  • DHCPサーバーから割り当てられるアドレスに余裕はありますか?

    • DHCPサーバーが割り振るアドレスを増やしてください。
    • DHCPサーバーからアドレスが割り振られている端末を、ネットワークから外して減らしてください。
  • DHCPサーバーは正常に機能していますか?

    • DHCPサーバーの設定を確認して、DHCPサーバーとして正常に機能しているか確認してください。
    • ネットワーク管理者がいるときは、DHCPサーバーを使用できる状態にするよう依頼してください。

ネットワーク全体の確認内容

  • 接続しようとしているネットワークに、ゲートウェイ機能を持つルーターなどが使用されていませんか?

    • ネットワーク管理者がいるときは、ネットワークのゲートウェイアドレスを聞いて、その内容をカメラに設定してください()。
    • カメラを含むネットワーク機器すべてに、ゲートウェイアドレスを正しく設定してください。

参考

  • エラー20番台の対応について

  • エラー21~23が表示された場合は、以下の確認も行ってください。

    本機とアクセスポイントで、同じ認証用のパスワードを設定していますか?

    • 暗号化の認証方式が[オープン]の設定で、パスワードを間違えるとこのエラーになります。大文字、小文字の使い分けも確認して、正しい認証用のパスワードを本機に設定してください()。

22:DNSサーバーから応答がありません

カメラの確認内容

  • カメラの設定がDNSアドレス[手動設定]になっています。この設定で間違いありませんか?

    • DNSサーバーを使用していない場合は、カメラをDNSアドレス[使わない]の設定にしてください()。
  • カメラに設定しているDNSサーバーのIPアドレスは合っていますか?

    • 使用するDNSサーバーと同じIPアドレスをカメラに設定してください()。

DNSサーバーの確認内容

  • DNSサーバーの電源は入っていますか?

    • DNSサーバーの電源を入れてください。
  • DNSサーバーにIPアドレスと、そのアドレスに対応する名前を正しく設定していますか?

    • DNSサーバーにIPアドレスと、そのアドレスに対応する名前を正しく設定してください。
  • DNSサーバーは正常に機能していますか?

    • DNSサーバーの設定を確認して、DNSサーバーとして正常に機能しているか確認してください。
    • ネットワーク管理者がいるときは、DNSサーバーを使用できる状態にするよう依頼してください。

ネットワーク全体の確認内容

  • 接続しようとしているネットワークに、ゲートウェイ機能を持つルーターなどが使用されていませんか?

    • ネットワーク管理者がいるときは、ネットワークのゲートウェイアドレスを聞いて、その内容をカメラに設定してください()。
    • カメラを含むネットワーク機器すべてに、ゲートウェイアドレスを正しく設定してください。

23:ネットワーク上に同じIPアドレスの機器が存在します

  • カメラと同じネットワークに接続している機器が、カメラと同じIPアドレスを使用していませんか?

    • カメラのIPアドレスを変更して、同じネットワークに接続している機器とIPアドレスが重複しないようにしてください。または、IPアドレスが重複している他の機器のIPアドレスを変更してください。
    • DHCPサーバーを使用するネットワーク環境で、カメラがIPアドレス[手動設定]の設定になっているときは、IPアドレス[自動設定]の設定にしてください()。

41:FTPサーバーに接続できません

カメラの確認内容

  • カメラの設定がプロキシサーバー[使う]の設定になっています。この設定で間違いありませんか?

    • プロキシサーバーを使用していない場合は、プロキシサーバー[使わない]の設定にしてください()。
  • カメラに設定しているプロキシサーバーの[アドレスの設定]と[ポート番号]は、プロキシサーバーと同じ設定になっていますか?

    • プロキシサーバーと同じアドレス、ポート番号をカメラに設定してください()。
  • カメラのプロキシサーバーの設定内容は、DNSサーバーに正しく設定されていますか?

    • 設定したプロキシサーバーの[アドレス]が、DNSサーバーに正しく設定されているか確認してください。
  • カメラに設定しているFTPサーバーのIPアドレスは合っていますか?

    • FTPサーバーと同じIPアドレスをカメラに設定してください()。
  • カメラとアクセスポイントで、同じ認証用の暗号キーを設定していますか?

    • 暗号化の認証方式が[オープン]の設定で、暗号キーを間違えるとこのエラーになります。

      大文字、小文字の使い分けも確認して、正しい認証用の暗号キーをカメラに設定してください()。

  • カメラに設定しているFTPサーバーの[ポート番号設定]は、FTPサーバーで設定しているポート番号と合っていますか?

    • ポート番号は通常21(FTP/FTPS)または22(SFTP)で、カメラとFTPサーバーとも同じポート番号を設定します。FTPサーバーのポート番号をカメラに設定してください()。
  • カメラのFTPサーバーの設定内容は、DNSサーバーに正しく設定されていますか?

    • 設定したFTPサーバーの[サーバー名]が、DNSサーバーに正しく設定されているか確認してください。また、使用するFTPサーバーの[サーバー名]が、カメラに間違いなく設定されているか確認してください()。

FTPサーバーの確認内容

  • FTPサーバーは正常に機能していますか?

    • パソコンをFTPサーバーとして機能するよう設定してください。
    • ネットワーク管理者がいるときは、FTPサーバーのアドレスとポート番号を聞いて、その内容をカメラに設定してください。
  • FTPサーバーの電源は入っていますか?

    • FTPサーバーの電源を入れてください。省電力モードで電源が切れている可能性もあります。
  • FTPサーバーに設定しているIPアドレスは、カメラに設定しているFTPサーバーの[アドレス]と合っていますか?

    • FTPサーバーに設定しているIPアドレスと、カメラに設定しているFTPサーバーのIPアドレスを、同じ設定にしてください()。
  • FTPサーバーが、特定のIPアドレスのみ接続を許可する設定になっていませんか?

    • 設定内容確認]()でカメラのIPアドレスを確認して、FTPサーバーの設定を変更してください。
  • セキュリティソフトウェアのファイアウォールを有効にしていませんか?

    • セキュリティソフトウェアによっては、ファイアウォールでFTPサーバーへの接続制限をかけている可能性があります。ファイアウォールの設定を変更して、FTPサーバーに接続できるようにしてください。
    • カメラの設定で[パッシブモード]を[使う]にすると、FTPサーバーに接続できる場合があります()。
  • ブロードバンドルーターを介してFTPサーバーに接続していませんか?

    • ブロードバンドルーターによっては、ファイアウォールでFTPサーバーへの接続制限をかけている可能性があります。ファイアウォールの設定を変更して、FTPサーバーに接続できるようにしてください。
    • カメラの設定で[パッシブモード]を[使う]にすると、FTPサーバーに接続できる場合があります()。

プロキシサーバーの確認内容

  • プロキシサーバーの電源は入っていますか?

    • プロキシサーバーの電源を入れてください。
  • プロキシサーバーは正常に機能していますか?

    • プロキシサーバーの設定を確認して、プロキシサーバーとして正常に機能しているか確認してください。
    • ネットワーク管理者がいるときは、プロキシサーバーのアドレスの設定とポート番号を聞いて、その内容をカメラに設定してください。

ネットワーク全体の確認内容

  • 接続しようとしているネットワークに、ゲートウェイ機能を持つルーターなどが使用されていませんか?

    • ネットワーク管理者がいるときは、ネットワークのゲートウェイアドレスを聞いて、その内容をカメラに設定してください()。
    • カメラを含むネットワーク機器すべてに、ゲートウェイアドレスを正しく設定してください。

43:FTPサーバーに接続できません。サーバーからのリプライコードがエラーを示しています

プロキシサーバーの確認内容

  • プロキシサーバーの電源は入っていますか?

    • プロキシサーバーの電源を入れてください。
  • プロキシサーバーは正常に機能していますか?

    • プロキシサーバーの設定を確認して、プロキシサーバーとして正常に機能しているか確認してください。
    • ネットワーク管理者がいるときは、プロキシサーバーのアドレスの設定とポート番号を聞いて、その内容をカメラに設定してください。

ネットワーク全体の確認内容

  • 接続しようとしているネットワークに、ゲートウェイ機能を持つルーターなどが使用されていませんか?

    • ネットワーク管理者がいるときは、ネットワークのゲートウェイアドレスを聞いて、その内容をカメラに設定してください()。
    • カメラを含むネットワーク機器すべてに、ゲートウェイアドレスを正しく設定してください。

FTPサーバーの確認内容

  • FTPサーバーで設定している最大接続数を超えて接続していませんか?

    • FTPサーバーに接続しているネットワーク機器を少なくするか、FTPサーバーの設定で最大接続数を増やしてください。

44:FTPサーバーから切断できません。サーバーからのリプライコードがエラーを示しています

  • FTPサーバーに対する接続解除が、何らかの理由でうまくいかないときに表示されるエラーです。

    • FTPサーバーとカメラの電源を入れ直してください。

45:FTPサーバーにログオンできません。サーバーからのリプライコードがエラーを示しています

カメラの確認内容

  • カメラに設定している[]は正しいですか?

    • FTPサーバーにログオンするログオン名を確認してください。また、大文字、小文字の使い分けも確認して、正しいログオン名をカメラに設定してください()。
  • カメラに設定している[ログオン・パスワード]は正しいですか?

    • FTPサーバーにログオン・パスワードが設定されているときは、大文字、小文字の使い分けも確認して、正しいログオン・パスワードをカメラに設定してください()。

FTPサーバーの確認内容

  • FTPサーバーのファイルアクセス権は、読み取り/書き込み/ログアクセス可能な設定になっていますか?

    • FTPサーバーのファイルアクセス権を、読み取り/書き込み/ログアクセス可能な設定にしてください。
  • FTPサーバーで転送先に指定されているフォルダの名称は、すべてASCII文字で構成されていますか?

    • フォルダ名をASCII文字で構成してください。

46:データセッションに対し、FTPサーバーからのリプライコードがエラーを示しています

FTPサーバーの確認内容

  • FTPサーバーが接続を切断しました。

    • FTPサーバーを再起動してください。
  • FTPサーバーのファイルアクセス権は、読み取り/書き込み/ログアクセス可能な設定になっていますか?

    • FTPサーバーのファイルアクセス権を、読み取り/書き込み/ログアクセス可能な設定にしてください。
  • FTPサーバーの保存先フォルダにアクセス権を設定していませんか?

    • カメラから転送された画像が保存できるよう、FTPサーバーにある保存先フォルダのアクセス権を設定してください。
  • FTPサーバーの電源は入っていますか?

    • FTPサーバーの電源を入れてください。省電力モードで電源が切れている可能性もあります。
  • FTPサーバーのハードディスクがいっぱいになっていませんか?

    • ハードディスクの空き容量を増やしてください。

48:送信先サーバーとの接続の安全性を確認できません。このサーバーを信頼して接続する場合は、[送信先サーバーを信頼]を[する]に設定してください

  • FTPS接続時に送信先サーバーとの接続の安全性を確認できなかったときに表示されるエラーです。

    • 証明書が正しく設定されているか確認してください。
    • 証明書設定に関わらず送信先サーバーを信頼する場合は、[送信先サーバーを信頼]設定を[する]に変更してください。

61:同じSSIDの無線LANネットワークがみつかりません

  • アクセスポイントのアンテナとカメラの間に、見通しをさえぎる障害物はありませんか?

    • アクセスポイントのアンテナを、カメラからよく見える場所に移動させてください。

カメラの確認内容

  • カメラにアクセスポイントと同じSSIDを設定していますか?

    • アクセスポイントのSSIDを確認して、同じSSIDをカメラに設定してください()。

アクセスポイントの確認内容

  • アクセスポイントの電源は入っていますか?

    • アクセスポイントの電源を入れてください。
  • MACアドレスでフィルタリングしている場合、使用しているカメラのMACアドレスをアクセスポイントに登録していますか?

    • 使用しているカメラのMACアドレスをアクセスポイントに登録してください()。

62:無線LAN端末からの応答がありません

カメラの確認内容

  • カメラが、インフラストラクチャーで通信する設定になっていませんか?

    • カメラを、アドホックで通信する設定にしてください。

接続先の機器の確認内容

  • アドホックで通信するための接続先の機器が近くにありますか?

    • アドホックに設定した接続先の機器を、カメラの近くに用意してください。

64:無線LAN端末に接続できません

  • カメラとアクセスポイントで、同じ暗号化方式を設定していますか?

    • カメラで設定できる暗号化方式は、WEP、TKIP、AESです()。
  • MACアドレスでフィルタリングしている場合、使用しているカメラのMACアドレスをアクセスポイントに登録していますか?

    • 使用しているカメラのMACアドレスをアクセスポイントに登録してください。MACアドレスは[MACアドレス]画面で確認できます()。

65:無線LANの接続が切れました

  • アクセスポイントのアンテナとカメラの間に、見通しをさえぎる障害物はありませんか?

    • アクセスポイントのアンテナを、カメラからよく見える場所に移動させてください。
  • 何らかの理由で、無線LANの接続が切れ、再接続できない状態になっています。

    • アクセスポイントにほかの端末からのアクセスが集中している場合や、電子レンジなどが近くで使用されている場合(IEEE 802.11n/g/b(2.4GHz帯))、雨天や高湿度などの影響が考えられます。

71:レシーバーカメラと接続できませんでした

  • レシーバーカメラの接続操作を正しく行っていますか?

    • 正しい手順でレシーバーカメラを操作してください。
  • レシーバーカメラとセンダーカメラが離れすぎていませんか?

    • レシーバーカメラをセンダーカメラに近付けてください。

72:センダーカメラと接続できませんでした

  • センダーカメラの接続操作を正しく行っていますか?

    • 正しい手順でセンダーカメラを操作してください。
  • センダーカメラとレシーバーカメラが離れすぎていませんか?

    • センダーカメラをレシーバーカメラに近付けてください。

73:時刻の同期に失敗しました

  • センダーカメラとレシーバーカメラの接続操作を正しく行っていますか?

    • 正しい手順でセンダーカメラとレシーバーカメラを操作してください()。
  • センダーカメラとレシーバーカメラが離れすぎていませんか?

    • センダーカメラとレシーバーカメラを近付けてください。

81:有線LANの接続が切れました

  • LANケーブルはしっかり接続されていますか?

    • 本機からサーバーにかけてのLANケーブルを接続し直してください。また、ケーブルが断線している可能性もありますので、別のケーブルを接続してみてください。
  • ハブやルーターの電源は入っていますか?

    • ハブやルーターの電源を入れてください。
  • サーバーの電源は入っていますか?

    • サーバーの電源を入れてください。省電力モードで電源が切れている可能性もあります。

91:その他のエラー

  • エラー11~83以外の異常が発生しました。

    • カメラの電源スイッチを入れ直してください。

121:サーバーの空き容量が不足しています

  • 送信先Webサーバーの空き容量が不足しています。

    • Webサーバー内の不要な画像を削除し、Webサーバーの空き容量を確認してから再度送信してください。

125:ネットワークの設定を確認してください

  • ネットワークが接続されていますか?

    • ネットワークの接続状態を確認してください。

127:エラーが発生しました

  • Webサービスの接続中に、エラー121~126以外の異常が発生しました。

    • image.canonのWi-Fi接続をやり直してください。

130:サーバーが混みあっています
しばらくたってからもう一度実行してください

  • image.canonに一時的に負荷が集中しています。

    • しばらくしてからimage.canonのWi-Fi接続をやり直してください。

131:もう一度実行してください

  • image.canonのWi-Fi接続でエラーが発生しました。

    • image.canonのWi-Fi接続をやり直してください。

132:サーバーでエラーが発生しました
しばらくしてから実行してください

  • image.canonがメンテナンス中です。

    • しばらくしてからimage.canonのWi-Fi接続をやり直してください。

134:日付/時刻を正しく設定してください

  • 日付/時刻/エリアが正しく設定されていません。

    • 機能設定日付/時刻/エリア]の設定を確認してください。

135:Webサービスの設定が変更されています

  • image.canonの設定が変更されています。

    • image.canonの設定を確認してください。

故障かな?と思ったら

「故障したのかな?」と思ったら、下記の例を参考にしてカメラや接続した機器をチェックしてください。なお、チェックしても状態が改善しないときは、製品情報や取り扱い方法に関するご相談窓口へお問い合わせください。

FTPサーバーに画像の転送ができない

  • 撮影後にFTPサーバーへ画像を転送するときは、静止画撮影/動画撮影切り換えスイッチを静止画撮影にしてください。

    静止画撮影/動画撮影切り換えスイッチが動画のときは、画像を転送できません。

連動撮影ができない

  • 連動撮影をするときは、静止画撮影/動画撮影切り換えスイッチを静止画撮影にしてください。

    静止画撮影/動画撮影切り換えスイッチが動画のときは、連動撮影できません。

カメラの温度が上がって、通信速度が遅くなる

  • 高温環境下で長時間無線動作を続けると、カメラの温度が上昇し、転送速度が遅くなることがあります。

通信機能での注意事項

通信機能使用時に「通信速度が遅くなる」、「接続が途切れる」、「映像が滑らかに表示されない」などの現象が起きたときは、下記の例を参考にして対応してみてください。

  • アクセスポイント、またはアンテナの設置場所について

    • 室内で使用する場合、撮影している部屋に設置してください。
    • カメラとの間に、人や遮蔽物が入らない場所に設置してください。
    • カメラよりも高い場所に設置してください。
    • カメラにできるだけ近付けて設置してください。特に、雨天屋外で使用すると、電波が雨に吸収されて接続が途切れる場合があります。
  • 近くにある電子機器について

    下記の電子機器の影響で無線LANの通信速度が遅くなるときは、電子機器の使用をやめるか、機器から離れた場所で通信を行ってください。また、有線LANにすると問題を解消することができます。

    • カメラのIEEE 802.11b/g/nは、2.4GHz帯の電波を使用して無線LANの通信を行っています。そのため、同じ周波数帯を使用するBluetooth機器や電子レンジ、コードレス電話機、マイク、スマートフォン、他のカメラなどを使うと無線LANの通信速度が遅くなります。

セキュリティーについて

セキュリティーに関する設定が適切に行われていないときは、次のような問題が発生する恐れがありますので注意してください。

  • 通信の傍受

    悪意ある第三者によって無線LANの電波を傍受され、通信内容を盗み見られる恐れがあります。

  • ネットワークへの不正アクセス

    悪意ある第三者によって、お使いのネットワークに不正に侵入され、情報の盗難・改ざん・破壊をされるといった被害に遭う恐れがあります。また、別の人物を装ってネットワークに不正な情報を流す「なりすまし」通信がされたり、「踏み台」と呼ばれる別の不正アクセスへの中継地点にされたりする恐れもあります。

こうした問題が発生する可能性を少なくするため、ネットワークのセキュリティーを確保するための仕組みや機能を使用することをおすすめします。

ネットワークの設定を確認する

  • Windowsの場合

    Windowsの[コマンドプロンプト]を開き、ipconfig /all と入力してEnterキーを押します。パソコンに割り当てられているIPアドレスのほかに、サブネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバーの情報が表示されます。

  • macOSの場合

    macOSの[ターミナル]を開き、ifconfig -aと入力してReturnキーを押します。[en0]項目[inet]の***.***.***.***がパソコンに割り当てられているIPアドレスです。

    ターミナル]については、macOSのヘルプを参照してください。

なお、手動でカメラに割り当てるIPアドレスを設定するときは、パソコンやほかのネットワーク接続機器とIPアドレスが重複しないよう、一番右側の数字を変えて設定します()。

例)192.168.1.10