動画記録形式

記録される動画ファイルの形式を設定することができます。RAW+MP4で撮影するときは、[機能設定記録機能とカード・フォルダ選択]の[動画記録機能]で、[カード1RAW,カード2MP4]を選びます。

  1. 撮影動画記録形式]を選ぶ

  2. 項目を選ぶ

RAW動画

カードに記録されるRAW動画は、撮像素子から出力されたデータをデジタル変換してそのまま記録した「生(ロウ)データ」です。

RAW動画の形式には「:RAW(標準)」と「:RAW(軽量)」の2つがあり、[撮影動画記録サイズ]で選びます()。RAW(軽量)はRAW(標準)に比べてファイルサイズが小さいRAW動画です。

RAW動画は、EOS用ソフトウェアのDigital Photo Professionalで現像処理を行うことができます。使用目的に応じてさまざまな画像調整を行い、その調整結果を反映したJPEG/HEIF画像などを生成することができます。

注意

  • RAW動画は、[再生RAW現像]で現像処理を行うことができません。

参考

  • パソコンでRAW動画を表示するときは、EOS用ソフトウェアのDigital Photo Professional(以下DPP)の使用をおすすめします。
  • 古いバージョンのDPP Ver.4.xでは、このカメラで撮影したRAW動画の表示や現像、編集などはできません。パソコンに古いバージョンのDPP Ver.4.xがインストールされているときは、キヤノンのホームページから最新のDPPを入手して、アップデート(上書きインストール)してください()。なお、Ver.3.x以前のDPPでは、このカメラで撮影したRAW動画の表示や現像、編集などはできません。
  • 市販のソフトウェアでは、このカメラで撮影したRAW動画を表示できないことがあります。対応状況については、ソフトウェアメーカーにお問い合わせください。
  • 高輝度(ハイライト)側の階調表現性を優先したい場合は[撮影Canon Log設定]の[Canon Log]を[入(C.LOG3)]にしてください。Cinema EOSとRAW動画を併用するときにおすすめします。