フォーカスBKT撮影

フォーカスBKT*撮影は、1回のレリーズで自動的にピント位置を変えながら連続撮影を行う機能です。深度合成機能のあるEOS用ソフトウェアのDigital Photo Professionalなどを使用すると、撮影した画像から広い範囲でピントの合った画像を生成することができます。

「BKT」はBracketing(ブラケティング)の略です。

  1. 撮影フォーカスBKT撮影]を選ぶ

  2. フォーカスBKT撮影]を設定する

    • する]を選びます。
  3. 撮影回数]を設定する

    • 1度に撮影する回数(枚数)を設定します。
    • 2]~[999]回の範囲で設定することができます。
  4. ステップ幅]を設定する

    • ピントを移動する幅を設定します。ピントの移動幅は撮影時の絞り数値に応じて自動で調整されます。

      なお、絞り数値を大きくすると、ピントの移動幅が大きくなるため、同じステップ幅と撮影回数の設定で、より広い範囲のフォーカスブラケット撮影が行われます。

    • 設定が終わったら、SETを押します。
  5. 露出の平滑化]を設定する

    • 露出の平滑化]を[する]に設定すると、カメラに表示される絞り数値と、ピント位置により変化する実際の絞り数値(実効FNo.)との差を調整して、フォーカスブラケット撮影中の画像の明るさの変化を抑えることができます。
  6. 撮影する

    • 撮影した画像を新規フォルダに保存するときは、画面の[フォルダ作成]をタッチし、[OK]を選びます。
    • ピントを合わせたい範囲の近距離側にピントを合わせ、シャッターボタンを全押しします。
    • 撮影が開始されたら、シャッターボタンから指を離します。
    • 無限遠側にピント位置を移動しながら連続撮影が行われます。
    • 設定した枚数になったとき、またはピント位置が無限遠に達すると、撮影は終了します。

注意

  • フォーカスブラケット撮影は、三脚を使用して、静止した被写体を撮影する機能です。
  • 目的とする画角より広めに撮影することをおすすめします。深度合成後は必要に応じてトリミングしてください。
  • この機能に対応したレンズについては、キヤノンのホームページを参照してください。
  • 下記のレンズを使用すると、撮影画像に明るさの変化が生じることがありますので、[露出の平滑化]を[しない]に設定してください。
    • EF100mm F2.8L Macro IS USM
    • EF180mm F3.5L Macro USM
    • EF-S60mm F2.8 Macro USM
  • 適切な[ステップ幅]は被写体により異なります。[ステップ幅]が適切でないときは、合成した画像ムラが生じたり、撮影枚数が多くなり撮影の終了までに時間がかかることがあります。事前にテスト撮影を行って[ステップ幅]の目安を確認しておくことをおすすめします。
  • 撮影回数を多く設定すると、合成に時間がかかります。
  • ストロボ撮影はできません。
  • フリッカー光源下では、画像にムラが発生することがあります。そのときは、シャッタースピードを遅くすることで緩和されることがあります。
  • レンズのフォーカスモードスイッチがMFのときは、フォーカスブラケット機能は使用できません。
  • 撮影を中止したときは、最後の画像の露出が不完全になります。Digital Photo Professionalで画像を合成するときは、最後に撮影された画像を使用しないでください。
  • フォーカスブラケット撮影時は、シャッタースピードの上限が1/8000に設定されます。

参考

  • 三脚、リモートスイッチ(別売/)、ワイヤレスリモートコントローラー(別売/)などの使用をおすすめします。
  • 絞り数値を、F5.6~F11の範囲で設定して撮影することをおすすめします。
  • シャッタースピード、絞り数値、ISO感度などは1枚目の条件で固定されます。
  • 撮影を中止するときは、シャッターボタンを再度全押しします。
  • 電源スイッチを電源オフにすると、[撮影フォーカスBKT撮影]が[しない]になります。