外部ストロボ撮影

EOS用EL/EXスピードライト

このカメラは、EL/EXシリーズスピードライト(別売)の機能を使用したストロボ撮影を行うことができます。

操作方法については、EL/EXスピードライトの使用説明書を参照してください。

  • 同調シャッタースピード

    シャッター方式により異なります。

    撮影シャッター方式]の設定 同調シャッタースピード
    メカシャッター 1/200秒以下
    電子先幕 1/250秒以下
    電子シャッター 1/180秒以下
  • ストロボ調光補正

    ストロボの発光量を調整する(調光補正を行う)ことができます。画面に映像が表示された状態で、マルチファンクションボタンを押して、サブ電子ダイヤル1を回してストロボ調光補正の項目を選ぶと、メイン電子ダイヤルを回して調光補正量を設定することができます。補正できる範囲は1/3段ステップ±3段です。

  • FEロック

    被写体の任意の部分に適正調光させるストロボ撮影方法です。被写体をファインダーの中央に置いて、カメラのAEロックボタンを押してから、構図を決めて撮影します。

注意

  • ストロボによっては、本カメラに直接取り付けることができません。詳しくはマルチアクセサリーシューを参照してください。
  • 撮影オートライティングオプティマイザ]()が、[しない]以外に設定されているときは、暗めにする調光補正(マイナス補正)を行っても、明るく撮影されることがあります。
  • ハイスピードシンクロを行うと、画像に縞模様が発生することがあります。なお、下記の対応で縞模様の発生が軽減されることがあります。

    • カメラからストロボを離す
    • シャッタースピードを遅くする
    • シンクロ設定]を[ハイスピード]以外に設定する
    • 撮影シャッター方式]を[電子シャッター]以外に設定する

参考

  • 暗い場所でAFでピントが合わせにくいときは、必要に応じてEOS用外部ストロボからストロボ間欠発光方式のAF補助光が投光されます。
  • クイック設定()、または[撮影外部ストロボ制御]の[ストロボ機能設定]()で調光補正を行うこともできます。
  • このカメラは、カメラの電源スイッチと、ストロボの電源を連動させる機能に対応しています。詳しくは、この機能に対応したストロボの使用説明書を参照してください。

EL/EX以外のキヤノン製スピードライト

  • EZ/E/EG/ML/TLスピードライトをA-TTLまたはTTL自動調光モードに設定して撮影すると、常時フル発光します。

    カメラの撮影モードを[マニュアル露出]、または[絞り優先AE]に設定して、絞り数値を変えて撮影してください。

  • マニュアル発光機能を搭載したスピードライト使用時は、マニュアル発光モードで撮影してください。

汎用ストロボ

  • 同調シャッタースピード

    小型の汎用ストロボの同調シャッタースピードは、シャッター方式により異なります。

    撮影シャッター方式]の設定 同調シャッタースピード
    メカシャッター 1/200秒以下
    電子先幕 1/250秒以下
    電子シャッター 1/180秒以下

    スタジオ用の大型ストロボは、小型の汎用ストロボに比べ閃光時間が長く、機種により閃光時間が異なります。1/60~1/30秒程度を目安に、あらかじめストロボが正しく同調するかどうか、確認してから撮影してください。

注意

  • 他社製の特定カメラ専用のストロボ、およびストロボ用付属品を使用すると、カメラが正常な機能を発揮しないばかりでなく、故障の原因になります。
  • 高圧ストロボをマルチアクセサリーシューに取り付けて使用しないでください。発光しないことがあります。