動画記録画質

撮影動画記録画質]の[動画記録サイズ]で、画像サイズ、フレームレート、圧縮方式、記録形式を設定することができます。

なお、[動画記録サイズ]の画面に表示されるフレームレートは、[機能設定ビデオ方式]の設定()により、自動的に切り換わります。

  • 機能設定記録機能とカード・フォルダ選択]の[動画記録機能]が[カード1RAW,カード2MP4]に設定されているときは、画面が異なります。

    • (1)撮影可能時間が短い方のカードの時間が表示されます。
    • RAW形式の動画は5472×2886、MP4形式の動画は、4096×2160 IPB(標準)で記録されます。

注意

  • 動画をカードに記録するときに必要なカードの書き込み/読み取り速度(要求カード性能)は、動画記録画質により異なります。動画撮影を行う前に動画が記録できるカードを参照して、要求カード性能を確認してください。

動画記録サイズ

画像サイズ

画像サイズ 縦横比
4K-DCI 5472×2886 17:9
4096×2160 17:9
4K-DCI Crop* 4096×2160 17:9
4K-UHD 3840×2160 16:9
FHD 1920×1080 16:9

撮影画面の中央部分をクロップした(望遠レンズで撮影したような)動画を撮影することができます。

注意

  • 機能設定ビデオ方式]の設定を変更したときは、[撮影動画記録画質]の再設定を行ってください。
  • 4K動画、FHD59.94fps/50.00fpsで撮影した動画、ハイフレームレート動画などは、再生時のデータ処理の負荷が高いため、他の機器で正常に再生できないことがあります。
  • 動画記録画質の設定や、使用するレンズの設定により、解像感やノイズ感は多少異なります。

参考

  • カードの性能を発揮させるため、動画撮影を行う前にカメラでカードを初期化することをおすすめします()。
  • HD画質、VGA画質の動画を撮影することはできません。

4K動画撮影

  • 4K動画を撮影するには安定した高速書き込みが可能なカードが必要です。詳しくは、動画が記録できるカードを参照してください。
  • 4K動画撮影時やハイフレームレート動画撮影時は、処理負荷が高いため、通常の動画撮影時に比べカメラ内部の温度が早く上昇したり、より温度が高くなることがあります。動画撮影時に赤い温度警告赤が表示されたときは、カードが熱くなっていることがあるため、動画撮影を休止して、しばらく経ってからカードを取り出してください(すぐにカードを取り出さないでください)。
  • 4K画質で撮影した動画から任意のフレームを選んで、JPEG画像(静止画)としてカードに保存することができます()。

注意

  • 4K-DCI59.94fps/50.00fps4K-UHD59.94fps/50.00fps設定時は、AFによるピント合わせはできません。AFフレームは表示されません。また、レンズのフォーカスモードスイッチをMFに設定しても、フォーカスガイドは表示されません。

撮影範囲

動画記録画質の設定や、使用するレンズにより、動画撮影範囲が変わります。

  • (1)静止画(5472×3648)(JPEG L)
  • (2)FHD(1920×1080)
  • (3)RAW動画(5472×2886)/4K-DCI(4096×2160)
  • (4)4K-UHD(3840×2160)
  • (5)4K-DCI Crop(4096×2160)

注意

  • 動画電子IS機能設定時は()、画面の中央部分がさらにクロップされます。

フレームレート(fps:frame per second)

  • 119.9fps]119.9fps/[59.94fps]59.94fps/[29.97fps]29.97fps

    テレビの映像方式が「NTSC」地域(北米、日本、韓国、メキシコなど)のときに設定します。119.9fpsについては、ハイフレームレートを参照してください。

  • 100.0fps]100.00fps/[50.00fps]50.00fps/[25.00fps]25.00fps

    テレビの映像方式が「PAL」地域(ヨーロッパ、ロシア、中国、オーストラリアなど)のときに設定します。100.0fpsについては、ハイフレームレートを参照してください。

  • 23.98fps]23.98fps/[24.00fps]24.00fps

    主に映画関連で使用します。23.98fps(23.98fps)は、[機能設定ビデオ方式]を[NTSC]に設定したときに選択できます。

圧縮方式

  • RAW(軽量)]RAW(軽量)

    RAW(標準)よりもビットレートを低く抑えて記録するため、RAW(標準)よりもファイルサイズが小さく、再生互換性が高くなります。(同じ容量のカードであれば)RAW(標準)よりも撮影できる時間が長くなります。

  • ALL-I(I-only)ALL-I(編集用/I-only

    1フレーム単位で圧縮して記録します。IPB(標準)よりもファイルサイズが大きくなりますが、撮影後の編集作業に適しています。

  • IPB(標準)]IPB(標準)

    複数のフレーム単位で効率的に圧縮して記録します。ALL-I(編集用)よりもファイルサイズが小さくなるため、(同じ容量のカードであれば)撮影できる時間が長くなります。

  • IPB(軽量)]IPB(軽量)

    IPB(標準)よりもビットレートを低く抑えて記録するため、IPB(標準)よりもファイルサイズが小さく、再生互換性が高くなります。(同じ容量のカードであれば)IPB(標準)よりも撮影できる時間が長くなります。

動画記録形式

  • RAW]RAW

    RAW][RAW(軽量)]を選択したときは、RAW形式の動画ファイルとして記録されます(拡張子:「.CRM」)。

  • MP4]MP4

    ALL-I(I-only)][IPB(標準)][IPB(軽量)]を選択したときは、MP4形式の動画ファイルとして記録されます(拡張子:「.MP4」)。MOV形式の動画よりも、再生互換性が高いファイル形式です。

RAW動画

カードに記録されるRAW動画は、撮像素子から出力されたデータをデジタル変換してそのまま記録した「生(ロウ)データ」です。

RAW動画は、EOS用ソフトウェアのDigital Photo Professionalで現像処理を行うことができます。使用目的に応じてさまざまな画像調整を行い、その調整結果を反映したJPEG/HEIF画像などを生成することができます。

注意

  • RAW動画は、[再生RAW現像]で現像処理を行うことができません。

参考

  • パソコンでRAW動画を表示するときは、EOS用ソフトウェアのDigital Photo Professional(以下DPP)の使用をおすすめします。
  • 古いバージョンのDPP Ver.4.xでは、このカメラで撮影したRAW動画の表示や現像、編集などはできません。パソコンに古いバージョンのDPP Ver.4.xがインストールされているときは、キヤノンのホームページから最新のDPPを入手して、アップデート(上書きインストール)してください()。なお、Ver.3.x以前のDPPでは、このカメラで撮影したRAW動画の表示や現像、編集などはできません。
  • 市販のソフトウェアでは、このカメラで撮影したRAW動画を表示できないことがあります。対応状況については、ソフトウェアメーカーにお問い合わせください。
  • 高輝度(ハイライト)側の階調表現性を優先したい場合はCanon Logを設定してください。CINEMA EOSとRAW動画を併用するときにおすすめします。

動画が記録できるカード

各動画記録画質で記録できるカードの詳細は、キヤノンのホームページで確認してください。

なお、事前にテスト撮影を行い、設定した動画記録サイズ()で正しく記録できることを確認してください。

注意

  • 4K動画撮影を行うときは、撮影前に[機能設定カード初期化]の[物理フォーマット]でカードを初期化してください()。
  • 動画撮影時に書き込み速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に記録できないことがあります。また、動画再生時に読み取り速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に再生できないことがあります。
  • 動画撮影を行うときは、実際の書き込み速度がビットレートを十分に上回る、高性能なカードを使用してください。
  • 正常に動画が記録できないときは、カードを初期化してから使用してください。なお、カードを初期化しても問題が改善しないときは、カードメーカーのホームページなどもあわせて確認してください。

参考

  • カードの性能を発揮させるため、動画撮影を行う前にカメラでカードを初期化することをおすすめします()。

ハイフレームレート

フルハイビジョン(Full HD)画質で119.9fps/100.0fpsの高フレームレートの動画を撮影することができます。スローモーション再生用の映像素材の撮影に適しています。なお、1回に撮影できる時間は最長7分29秒です。

  • FHD119.9fpsALL-I(I-only)、またはFHD100.0fpsALL-I(I-only)で記録されます。
  • ハイフレームレート動画に音声は記録されません。
  • 動画撮影時にタイムコードを表示しているときは、実時間1秒で4秒分カウントアップします。
  • ハイフレームレート動画は、29.97fps/25.00fpsの動画ファイルとして記録されるため、再生時は1/4倍速のスローモーションで再生されます。

注意

  • ハイフレームレート]設定時の注意事項

  • 撮影タイムコード]の[カウントアップ]を[フリーラン]に設定したときは()、タイムコードは記録されません。
  • 設定を[]に戻したときは、[動画記録サイズ]の設定を確認してください。
  • 蛍光灯やLED照明などの光源下でハイフレームレート動画を撮影すると、画面にちらつきが発生することがあります。
  • ハイフレーム動画撮影を開始したときや終了したときは、映像が一時的に更新されなくなります(一瞬フレームストップ)。外部記録機器でHDMI出力映像を記録するときは注意してください。
  • ハイフレームレート動画撮影時に画面に表示される映像のフレームレートは、撮影した動画のフレームレートと異なります。
  • ヘッドフォンは使用できません(音声は聞こえません)。

ファイルサイズが4GBを超える動画撮影

1回の撮影でファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく、動画撮影を続けることができます。

注意

  • 4GBを超える動画ファイルをパソコンに取り込むときは、EOS Utilityを使用するか、カードリーダーを使用してください()。パソコン(OS)の機能を使って画像の取り込みを行うと、4GBを超える動画ファイルが取り込めないことがあります。

動画の総記録時間と1分間あたりのファイルサイズの目安

動画の総記録時間と1分間あたりのファイルサイズの目安を参照してください。

撮影時間の制限

  • ハイフレームレート以外の動画撮影時

    1回に撮影できる時間は最長29分59秒です。29分59秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。スタート/ストップボタンを押すと、動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。

  • ハイフレームレート動画撮影時

    1回に撮影できる時間は最長7分29秒です。7分29秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。スタート/ストップボタンを押すと、ハイフレームレート動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。