手ブレ補正(IS機能)設定

動画撮影時の手ブレを、カメラの「IS機能」および「動画電子IS機能」で軽減することができます。

手ブレ補正機能(IS機能)が搭載されていないレンズを使用したときでも、手ブレ補正効果が得られます。

IS機能が搭載されているレンズを使用するときは、メニューの[IS機能]の項目は表示されません。レンズの手ブレ補正スイッチをONにすると、レンズとカメラのIS機能による手ブレ補正が行われます。

  1. 撮影手ブレ補正(IS機能)設定]を選ぶ

  2. IS機能]を選ぶ

    • カメラのIS機能を使用するときは[]を選びます。

注意

  • 手ブレ補正機能が搭載されたレンズを装着しているときは、[IS機能]は表示されません。

動画電子IS

  1. 撮影手ブレ補正(IS機能)設定]を選ぶ

  2. 動画電子IS]の項目を選ぶ

    • 動画電子ISしない

      動画電子ISによる手ブレ補正は行われません。

    • 動画電子ISする

      手ブレ補正が行われます。映像がやや拡大されます。

    • 動画電子IS強

      ]設定時より、大きな手ブレを補正することができます。映像がさらに拡大されます。

注意

  • レンズの(光学式)手ブレ補正スイッチがOFFのときは、動画電子ISは機能しません。
  • 手ブレ補正機能を搭載していないレンズを装着しているときは、[動画電子IS]を[]または[]に設定すると、[IS機能]も[]になります。
  • EF-Sレンズ使用時、および動画クロップ撮影時も、動画電子IS機能を使用した動画撮影ができますが、撮影範囲がさらに狭くなります。
  • 動画記録サイズの設定により、動画電子ISの手ブレ補正効果が小さくなることがあります。
  • 画角が広い(広角な)ほど手ブレ補正効果は大きくなり、画角が狭い(望遠な)ほど、手ブレ補正効果は小さくなります。
  • 三脚使用時は[]に設定することをおすすめします。
  • 被写体や撮影条件によっては、動画電子ISの効果により、被写体のブレが目立つ(被写体が一瞬ボケたように見える)ことがあります。
  • TS-Eレンズや魚眼レンズ使用時、[]に設定することをおすすめします。
  • 動画電子ISを使用すると、映像が拡大されるため、映像が粗くなります。また、ノイズや輝点などが目立つことがあります。

参考

  • 静止画撮影時の手ブレ補正(IS機能)の設定については、手ブレ補正(IS機能)設定を参照してください。
  • レンズによっては、レンズの手ブレ補正機能と、カメラの「IS機能」および「動画電子IS機能」が協調して作動することで、より高い手ブレ補正効果を得ることができます(手ブレ補正のアイコンに「+」が付加された状態で表示されます)。この機能に対応したレンズについては、キヤノンのホームページを参照してください。