表示Simulation

表示Simulation(シミュレーション)は、実際の撮影結果(露出)に近い明るさや、被写界深度をシミュレートして映像を表示する機能です。

  1. 撮影表示Simulation]を選ぶ

  2. 項目を選ぶ

  • 露出+絞り

    実際の撮影結果(露出)に近い明るさと被写界深度で表示されます。露出補正を行うと、補正量に応じて映像の明るさが変わります。また、絞り値を変えると被写界深度が変わります。

  • 露出

    実際の撮影結果(露出)に近い明るさで表示されます。露出補正を行うと、補正量に応じて映像の明るさが変わります。

  • 絞り込み中のみ露出

    通常は、映像が見やすいように、標準的な明るさで表示されます。絞り込みボタンを押している間は、実際の撮影結果(露出)に近い明るさで表示され、被写界深度を確認することができます。

  • しない

    映像が見やすいように、標準的な明るさで表示されます。露出補正を行っても、標準的な明るさで表示されます。

注意

  • 露出+絞り]について

  • シャッタースピードの状態によっては、フリッカーが発生することがあります。
  • EFレンズを使用しているときは、レリーズタイムラグが長くなることがあります。
  • 表示される被写界深度は目安です。被写界深度をより正確に確認したいときは、絞り込みボタンを押してください。
  • レンズによっては、[露出+絞り]の設定ができません。
  • 露出、絞り込みの両方、またはいずれかのシミュレーションが行われていないときは、[露出+絞り]が点滅します。
  • 露出、絞り込みの両方、またはいずれかのシミュレーションが停止しているときは、[露出+絞り]がグレーで表示されます。
  • 一部のレンズでは、ズーム操作により露出が変化することがあります。詳しくは、キヤノンのホームページを参照してください。
  • シャッターボタンを半押しすると、絞り込みは解除されます。