事前準備

FTPサーバーの用意

FTPサーバーはお客様でご用意ください。

MFTのインストール

iOS 14以上がインストールされたスマートフォンにMFTをインストールします。MFTは、App Storeからインストールすることができます。

転送の設定

インストール後に転送の設定を行います。

  1. MFTを起動する

  2. 画面の右上をタップする

  3. 転送先の設定]をタップする

  4. FTPモード(FTP/FTPS/SFTP)を選ぶ

  5. 詳細を設定する

項目 機能
サーバー名 FTP/FTPS/SFTPサーバーのURLまたはIPアドレスを指定します。
ポート

ポート番号を指定します。
デフォルト]をオンにすると、プロトコルのデフォルト値が設定されます。

  • FTP時:21
  • FTPS時:通常・21、[暗黙的]オン時・990
  • SFTP時:22
保存先フォルダ 転送された画像を保存する FTP/FTPS/SFTPサーバーのフォルダ名を指定します。
フォルダを作成する]をオンにすると、自動的にフォルダを作成します(フォルダ作成のための権限が必要です)。
ユーザー名 FTP/FTPS/SFTPサーバーにログインするためのユーザー名を指定します。[匿名]をオンにすると、anonymousでログインします。
パスワード FTP/FTPS/SFTPサーバーにログインするためのパスワードを指定します。
上書き オンにすると、保存先フォルダに、既に同じ名前のファイルが存在したときに、ファイルを上書きします。オフにすると、同じ名前のファイルが存在したときに、別名で保存します。
暗黙的(FTPS時) オンにすると、暗黙的モードでサーバーへ接続します。
オフにすると、明示的モードでサーバーへ接続します。
パッシブ パッシブモードを指定します。
秘密鍵(SFTP時)

オンにすると、秘密鍵(鍵ファイル)を使用することができます。[設定]をタップして、あらかじめMFTフォルダに保存しておいた鍵ファイルを選びます。
鍵ファイルは、以下の操作でMFTフォルダに保存してください。

  1. ファイルアプリを起動する
  2. このiPhone内]→[Mobile File Transfer]の順にタップする
  3. 鍵ファイルを保存する
プリセット

転送先の設定]の設定内容を保存して、プリセットとして使用することができます。

  • 選択:プリセットを選びます。
  • 保存:設定した内容をプリセットとして保存します。
  • 削除:プリセットを削除します。

注意

  • 通信プロトコルには、FTPSまたはSFTPをお使いになることを推奨します。FTPをご使用の場合、通信内容が傍受されたり、意図しないFTPサーバーに接続することで、ユーザー名、パスワード、ファイルのデータが漏洩される可能性があります。

接続の設定

MFTを操作して、接続の設定を行います。

  1. 画面の右上をタップする

  2. 接続モード]をタップする

  3. 接続方法を選ぶ

    • OK]をタップします。
    • テザリング接続]を選んだときは、スマートフォンの設定も行います。(
  4. 画面の右上をタップする

スマートフォンの設定

テザリング接続のときは、以下の設定も行います。

  1. 設定]→[一般]→[情報]→[名前]の順にタップする

  2. 名前]の画面で、ネットワークの名称を設定する

    • ネットワーク名称は、ネットワーク接続のときに表示されます。
  3. 設定]→[インターネット共有]の順にタップする

  4. ほかの人の接続を許可]をオンにする

    • OK]をタップします。
  5. “Wi-Fi”のパスワード]を選び、パスワードを設定する

    • 設定したパスワードは、テザリング接続のときに入力します。

注意

  • MFTを使用しないときは、必ず[ほかの人の接続を許可]をオフにしてください。