コンセントのない場所での印刷

バッテリーパックNB-CP2LH(別売)を使うと、コンセントのない場所でも画像を印刷することができます。なお、フル充電したバッテリーで、Lサイズの用紙を約70枚印刷*することができます。

印刷枚数は当社測定条件によります。また、印刷条件により異なることがあります。

バッテリーを取り付ける

  1. バッテリー取付け部カバーを取り外す

  2. バッテリーの端子カバーをはずす

  3. バッテリーを取り付ける

    • ①の方向へ差し込んだあと、②の方向へ「カチッ」と音がして、ロックされるまで動かして取り付けます。

注意

  • バッテリーを取り付けたままセルフィーを持ち運ぶと、思わぬ事故や故障の原因となることがありますので、バッテリーを外して持ち運んでください。

バッテリーを充電してセルフィーを使う

  • セルフィーにバッテリーとコンパクトパワーアダプターを取り付けて、セルフィーの電源を切ると、充電がはじまり、[充電中]が画面に点滅表示されます。
  • 約4時間(常温の環境下において)で充電が完了し、[充電中]が消えます。
  • 充電中]の点滅中でも電源を入れて()セルフィーを使うことができます。ただし、充電は中断されます。電源を切ると[充電中]が点滅表示されて充電が再開されます。

注意

  • 充電するときは、セルフィーを水平にして充電してください。立てた状態でバッテリーを充電すると、充電に時間がかかることがあります。

参考

  • バッテリーの注意事項については、バッテリーに付属の使用説明書を参照してください。
  • 充電2]が表示されたときは、動作温度()の環境にセルフィーを置き、周囲の温度になじませてから、充電してください。
  • 充電なし]が表示されたときの対応

    • 電源プラグを抜いてバッテリーを外し、しばらく経ってから水平な状態で充電してください。
    • 水平な状態で[充電なし]が表示されたときは、バッテリーが寿命の可能性があります。新しいバッテリーをお買い求めください。
  • 充電中]が表示されている状態で、電源ボタン以外のボタンを約3秒以上押すと、[充電中]の表示が消えます。また、画面が消えている状態でも充電中のときは、電源ボタン以外のボタンを押すと、約10秒間だけ[充電中]が表示されます。