充電する

  1. 充電する

    • 付属のインターフェースケーブルで、本体のデジタル端子と電源アダプター(別売)を接続し、充電してください。
    • 充電が始まると、表示ランプがオレンジ色に点灯します。
    • 表示ランプが消灯すると、充電完了です。
  • 使い切った状態からフル充電までに要する時間は、常温(+23℃)で約1時間50分です。なお、充電時間は周囲の温度や残量によって大きく異なります。

  • 安全に充電を行うため、低温下(+5℃~+10℃)では充電時間が長くなります。
  • このカメラは給電状態でも使用することができます。

注意

  • 本体が高温になると、充電および給電が停止することがあります。

参考

  • 本製品の充電および給電には、USB電源アダプターPD-E1(別売)の使用をおすすめします。なお、市販の電源アダプター(USB Type-C、Power Delivery対応、出力電圧/出力電流:9VDC/2A以上)についても動作を確認している製品があります。詳しくはキヤノンのホームページで確認してください。
  • 購入時、電源はフル充電されていません

    充電してからお使いください。

  • 充電は使用する当日か前日にする

    充電して保管していても、自然放電により少しずつ内蔵バッテリーの容量が少なくなっていきます。

  • カメラは0℃~+35℃の範囲で使用する

    カメラの性能を十分に発揮させるためには、0℃~+35℃の範囲で使用することをおすすめします。低温下では内蔵バッテリーの性能が一時的に低下し、使用できる時間が短くなることがあります。高温下では、カメラ本体が熱くなり、連続使用できなくなることがあります。