手ブレ補正(IS機能)設定

静止画撮影時の手ブレを、カメラの「IS機能」で軽減することができます。手ブレ補正機能が搭載されていないレンズを使用したときでも、IS機能により、手ブレ補正効果が得られます。手ブレ補正機能が搭載されているレンズを使用するときは、レンズの手ブレ補正スイッチをONにしてください。

  1. 撮影手ブレ補正(IS機能)設定]を選ぶ

  2. IS機能]を選ぶ

    • ]を選びます。
  3. 静止画IS]を選ぶ

    • 常時]を選ぶと、常に手ブレ補正が機能します。
    • 撮影時のみ]を選ぶと、撮影される瞬間のみ手ブレ補正が機能します。

注意

  • 手ブレ補正機能が内蔵されたレンズを装着したときは、[IS機能][静止画IS]は表示されません。
  • レンズの種類によっては、十分な手ブレ補正効果が得られないことがあります。

参考

  • 動画撮影時の手ブレ補正については、動画電子ISを参照してください。

焦点距離設定

レンズ通信非対応のレンズ装着時にレンズの焦点距離情報を設定することで、設定した焦点距離に合わせた手ブレ補正を行うことができます。

  1. 焦点距離設定]を選ぶ

  2. 焦点距離を設定する

    • サブ電子ダイヤル1を回して、焦点距離の桁を選びます。
    • SETを押して[調整]の状態にします。
    • 数値を設定しSETを押します([選択]の状態に戻ります)。
  3. OK]を選ぶ

注意

  • カスタム機能レンズなしレリーズ]を[する]に設定してください。[しない]設定時は手ブレ補正は機能しません。
  • レンズ通信に対応したレンズを装着したときは、[焦点距離設定]は表示されません。

参考

  • 焦点距離は1~1000mm(1mm単位)の範囲で設定することができます。